肝臓とグレープフルーツの相性はどうなの? 良いの?悪いの?どっちなの?

梅雨が明けて、本格的な夏が到来しましたね。

夏と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

 

私はビールです。

ビールと言えば、仕事あがりのビアガーデンですよね!

毎年この時期は、ついついビールを飲み過ぎてしまいます(汗)

 

お酒好きのあなたも、きっとそうでしょう。

屋外で飲むビールは、格別ですものね。

 

あなたは、いつものように飲み過ぎてしまい、翌日は二日酔いで調子が良くありません。

そんな時の強い味方が、ずばり「グレープフルーツ」です。

 

グレープフルーツを摂ると、不思議と二日酔いの症状が和らぎます。

それは、グレープフルーツが、肝臓の働きを促進させる効果が有るからです。

だから、あなたは肝臓に良いものと信じていました。

 

しかし、実は肝臓に良くないという話がございます。

これは一体どういうことなのでしょうか?

 

 

グレープフルーツは何故二日酔いに効くのか?

 

体内に摂取されたアルコールは、肝臓で「アセトアルデヒド」に分解されます。

アセトアルデヒドが、体内で解毒されず残ってしまうと、吐き気や頭痛といった二日酔いの症状を引き起こしてしまいます。

 

二日酔いの症状を改善するためには、アセトアルデヒドを解毒する必要が有ります。

その解毒のために必要な成分が、グレープフルーツに含まれる「ナイアシン」です。

 

ナイアシンの働きで、アセトアルデヒドの解毒が促進された結果、不快な二日酔いの症状を改善されるわけなんですね。

 

 

肝臓に対して他の良い効能とは?

 

グレープフルーツには、ナイアシンの他にも「フルクトース」が含まれております。

フルクトースは、肝臓でアルコールをアセトアルデヒドに分解する機能を高めます。

そして、アセトアルデヒドを解毒する機能も高めてくれます。

だから、アルコールを飲む前や飲んでいる時に、効果がある物質と言えます。

 

他にも「ビタミンC」や「クエン酸」が含まれております。

これらの成分は、肝臓の機能を高めると共に、脂肪肝にも効果がございます。

 

加えて、グレープフルーツの香りの成分である「リモネン」や「ヌートカトン」は、「胆汁」の分泌を促す効果がございます。

胆汁は、アルコールの分解や解毒の肝機能を高めるだけでなく、余計な残物質の排出に役立ちます。

 

そのため、飲み過ぎ後の下痢などの症状を防ぐ効果がございます。

 

 

肝臓に対しての悪い効能とは?

 

グレープフルーツの様々な成分が、肝機能を高めてくれることはご理解頂けたかと思います。

良いことづくめに思えますが、何故肝臓に悪いという話が有るのでしょうか?

 

それは、グレープフルーツに含まれる「天然フラボノイド成分」が、肝臓に存在する薬物を代謝する酵素(CYP3A4)を阻害して、薬物の代謝機能を弱めてしまうためです。

 

代謝機能が弱くなることで、薬の効きが弱くなったり、逆に効き過ぎて身体に悪影響を及ぼすことになります。

これを「相互作用」と言います。

 

特定の薬を、グレープフルーツと一緒に服用すると、相互作用を引き起こしてしまいます。

だから、グレープフルーツは肝臓に悪いという話が有るんですね。

 

 

組み合わせが悪い薬とは?

 

主な薬としては、主に以下の薬が挙げられます

 ・カルシウム拮抗薬(高血圧や狭心症)

 ・不眠症治療薬

 ・免疫抑制剤

 ・高脂血症治療薬

 

もしあなたが、これらの薬を服用しているなら要注意です。

決して、これらの薬をグレープフルーツと一緒に服用しないようにして下さい。

 

 

まとめ

 

  1. グレープフルーツは肝機能を高める効能が有る
  2. グレープフルーツはお酒飲みの強い味方である
  3. グレープフルーツは薬の相互作用を引き起こす

 

いかがでしたか?

グレープフルーツは、摂取の仕方によっては、肝臓への薬にも毒にもなります。

 

正しい知識を持って、グレープフルーツと上手に付き合って下さいね。

人気記事

1

私は弁当屋を経営している 52歳。 妻と2人の子供がいます。 子供達はもう成人したので 妻と2人で毎日 弁当屋の運営をしています。   もちろん 毎日の楽しみは 晩酌です。 ビールに始まり  ...

2

「白井田七、だれ?」 初めてその名前を見たときそう思いました。 同じように思った人、います?いますよね?いてくださ~い! 人の名前みたいですものね、間違えますよね。   実は、白井田七とは、 ...

-肝臓に良い食べ物

Copyright© 肝臓サプリメント広場 , 2021 All Rights Reserved.